人の命を守るモノが
地球を脅かすモノに
なってはならない

Founding 6 years project

yoccatta TOKYOのエシカルトライ

 
『yoccatta TOKYO』がうまれてから6年が経ちました。
SDGsや、エシカルというワードも、ほとんど理解されていなかった2015年頃。
未使用のまま廃棄処分されていたエアバッグに、デザインの力で新たな命を吹き込めないか ...困難な道となることは明らかでしたが、私たちのチャレンジは始まりました。
 

 
 
 

創立6年目を迎えた2021年、私たちの試みは、これからが本番と考えています。
”自分本位”な当たり前を、”持続可能”な当たり前へとシフトすること。
関係各社、パートナーの皆様の協力と理解があって、初めて成立する試みです。
昨年からは、順次、生産の拠点を国内へ切り替えを行っており、「輸送距離」や「移動回数」を減らすことで、環境への負担軽減をはかっています。
そして、今年度は、「適量生産」「就労機会均等」、商品の背景に対しての「透明性」などの 新たな “エシカルトライ“ を掲げ、更なる進化を目指していきたいと
考えております。今後とも、応援よろしくお願いいたします。
 
※国内生産など新規格の商品につきましては、既存品と異なる価格での販売となります。
 できる限り、生産背景を反映したご提供を目指しておりますことをご理解いただけたらと存じます。
 


yoccatta TOKYO

ヨカッタトーキョー

 

ファッション業界のエシカル&
サステナブルチャレンジに賛同します
 

 
UPCYCLING

廃棄エアバッグ

 

廃棄〜焼却されている車のエアバッグに
デザインの力で新しい命と使命を吹き込む
 
 
 
 
illustrated by TAKUYA ITOH 2014
 
 

『yoccatta/ヨカッタ』ブランド名に込めた想い

切り取られたエアバッグをはじめて触ったとき、
とにかく何か "はじめたい” という気持ちが湧きあがってきました。

難しい仕事になると想像はついたけれども
これまで培ってきたファッションの技術とそのノウハウを
新しい時代のために・・・・・
今、チャレンジしなければ!
と、動き始めました。
 
・・・・・・・・・・
 
エアバッグが作動することなく、車を降りることができる
気にもとめないこの事は、とてもありがたいこと。
 
今日も無事で…ヨカッタ!
エアバッグが作動しなくて…ヨカッタ!
愛する人の元に戻れて…ヨカッタ!
 
そして
 
エアバッグが捨てられないで…ヨカッタ!
エアバッグがBAGになって…ヨカッタ!
あなたも、地球も、笑顔になれて…ヨカッタ!
 
yoccattaは、いろんな感謝の…ヨカッタ!

Takuya Itoh

yoccatta エシカルデザイナー

伊藤 卓哉(Takuya Itoh)

 
長崎市に生まれる。
桑沢デザイン研究所卒業後、デザイナーズブランドで服飾デザイナーとして勤務した後独立。
ku:ya design(有限会社 クーヤデザイン)設立。
様々な企業やジャンルと関わり、その中でバッグの製造の仲間と知り合う。

2007年 Magnu(マヌー)ブランドをスタート。
2015年 yoccatta TOKYO(ヨカッタ トーキョー)ブランドスタート。
2017年 株式会社Magnu(マヌー)を設立。

WHAT'S NEW


 2021.07.24〜

北海道、東川町 北の住まい設計社様のサステナブルイベント
『Be organic Do ecology 』にて、yoccattaの商品を店頭販売中!  >> 

2021.07.15

ONLINE SHOPをオープンいたしました。>> 

2021.06.01 

yoccattaは、創立6年目を迎え、サイトをリニュアルいたしました。
私たちの試みは、これからが本番。
オフシャルサイトのコンテンツも充実させて参ります。

PRODUCTS


DOUBLE HANDLE tote 
DOUBLE HANDLE backpack
SINGLE HANDLE tote